So-net無料ブログ作成

お正月はスキー&温泉 [捕物帳外伝]

遅ればせながら、みなさん、明けましておめでとうございます。例年通り、マイペース更新になると思いますが、本年もよろしくお願いいたします。

CIMG4939.JPGさて、CBちゃんのお正月ですが、干支の「羊QP」を連れて実家の岩手県花巻市に行ってまいりました。今回はモバイルSuicaの「元旦切符」を利用したのですが、なんと通常1万3000円台の運賃が、約半額の6600円。これは正月から、ラッキーな感じです。

しかし、初の「大吉」を狙った初詣のおみくじでは、残念ながら「末吉」。しかも内容が「凶」ぐらい、ひどいものでした。仕事=互いに意思が通じない、健康=検査の必要あり、技芸=実力は発揮できない・・・らしいです。

気になったので、おみくじの順位を調べたら、大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶らしいですね。てっきり、末吉>吉>凶なのかと思っていました。

運気が悪いときは、普段通りの行動をするのが一番! ということで、昨年に続き地元の鉛温泉スキー場で初滑りしてきました。

DSC_0724.jpg

マイナーなスキー場のため、人込みを気にする必要はなかったんですが、この日は吹雪のため、滑り出すと、顔が痛いのなんの! 路面も、すぐにパウダースノーが積もるので、スピードが出ません。羊QPの、モワモワしたコスチュームが温かそう。QPさん、その服貸して~。

DSC_0740.jpg

スキーのあとは、近所の大沢温泉で凍てついた身体を癒します。この温泉には、坂上田村磨呂が傷を癒したという伝説があり、近代では作家の宮沢賢治や高村光太郎、相田みつをも、好んで訪れたそうです。ヌメっとしたお湯が肌に張り付き、お風呂からあがると、スベスベになります。

DSC_0739.jpg

DSC_0734.jpg

建物は古いですが、風情があり、雪が積もると上の写真のような雰囲気になります。ただ、混浴の露天風呂は外から丸見えなので、入る方は注意が必要です。私も利用したことがありますが、宿泊客(女性)の視線が気になりました(笑)。

DSC_0737.jpg

お風呂の種類も豊富で、この日は4つのお風呂に入りました。スキーで冷えた身体は、すっかりホッカホカ&スッベスベに変身。お正月の路線バスは4時間に1本のペースなので、湯冷めしないよう、温かい待合室でバスを待ちます。待合室も、昭和の雰囲気~。

DSC_0735.jpg

この大沢温泉には、今では珍しくなった自炊部という自分で料理、洗濯などをする部屋も用意されているんですよ。THE湯治場って、感じですね。
パンフを見ながら特製アイスを食べていたら、ようやくバスがやってきました。それにしても、このアイス、もろみ麹が入っていて日本酒の香りがします。お酒を飲めない方は、温泉のあと、このアイスで一杯飲んだ気分になれるかもしれません。
nice!(35)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。